よそ様のお宅の柴犬を猛烈に愛でる私の日常

犬、特に柴犬を愛する私。
柴犬の、あの渋くて可愛い(シブカワイイ)立ち姿がたまらなく愛おしいです。
尻尾がくるんと丸まって、ご主人の傍にきりっと立っていて、どの柴犬もとっても魅力的。
しかし悲劇的なことに、我が家は犬が飼えないので、日々動画サイトなどで
「柴犬 かわいい」とか「柴犬 おもしろ」とかで検索した動画を見ては涎を垂らしながら
うっとりしている日々なのです。
そして最近、動画よりももっと素敵な柴犬エキス注入方法を編み出しました。
それは「他人さまの飼っている柴犬を毎日見に行く」というもの。
動画では得られない、リアルな動きや習慣が垣間見れるし、うまくいけば懐いてくれるかも!
という魂胆で、自転車に乗って近所を徘徊するように。
(すみません、決して怪しいものではないんですよ!)
しかし昨今、犬は室内飼いが主流。中々お庭で寝そべるワンには出会えません。
そして苦労の末、なんとお庭で2匹(贅沢!)の柴犬を飼われているお宅を発見!
いや~、ほぼ毎日、ジョギングしがてらわざわざ遠回りしてその家の前を通るようになりました。もちろん、適度な距離を保ってます。お家の中を覗き込むような真似などいたしません!
そしてその2匹に勝手に名前を付けていたりします。
1匹は「まえば」。正面から見ると前歯がぐいっと出ているので。
もう1匹は「にっこり」。真顔の時でも普通に口角が上がっていてファニーな顔つきなので。
そして通いつめるうち、2匹にはずいぶん違った性質があることがわかりました。
まえばは警戒心が強くてお昼寝好き。にっこりは好奇心旺盛で、私が通るとまったくのノン警戒で尻尾を振ってきます。
ああ、この子たちの本当の名前はなにかしら。
でも、私の顔、確実に覚えてるよなあ…、ああもふもふしたいなあ、と愛は募るばかり。
そんな私は明日も健気に自転車に乗って彼らの下へ通うのです。

餌をあげるときのテンションが可愛いです

私のかっている犬は、餌をあげるときに、本当にびっくりするほど喜んでくれます。そのときは、遠くにいる時でも、飛んで来て、本当に嬉しいと言うことを、全身を使って表してくれるのです。それは、その場でくるくる回って喜びを表現してくれます。その姿を見ていると、餌をあげる時が、私としてもとても楽しい気分になる事ができます。
また同じようにおやつをあげる時も同じです。犬は、本当に喜んで、そのおやつに飛びつきます。私は、できるだけてからおやつをあげるようにしているので、その手に噛み付くこともあります。しかし、犬はいつもあまがみの練習をしているので、その噛み付く時も、私はいたいと思った事がないのです。
そのため、手から犬に餌をあげる時には、私自身も癒されることになるのです。その姿を見ていると、犬が本当に可愛いと、再確認をすることができます。そのことから、餌をあげることを磐田市以外の家族も、楽しみにしているところがあります。
しかし、その餌をあげる事が楽しいと思っていると、ついあげすぎてしまうこともあるので、そのことについては注意が必要です。もしもあげすぎてしまった場合は、その次の餌にときに、少し少なめにするようにして調節を取ることにしています。