腹時計

我が家で飼っているミニチュアダックスは、とても正確な腹時計の持ち主です。
毎日朝の8時30分と、夜の8時30分がご飯の時間なのですが、その時間に飼い主が忘れていると、要求吠えをします。
要求吠えと言っても、「ワンワンワンワン!」と吠えまくるのではなく、静かに「バゥ・・・」と言うのです。
そこで時計を見ると、たいてい8時30分前後で、なんと8時30分ぴったりのときも少なくありません。

夜はそれでもよいのですが、問題は休日の朝です。
お休みの日くらい、ゆっくり寝たいと思うのですが、お休みだろうがなんだろうが、
8時30分になると、寝ている私の耳元に来て、「バゥ・・・」と言うのです。
可愛いんだけどウザイ(笑)

あともうひとつ「バゥ・・・」と言ってくるときがあります。
それはウンチが出たのに、飼い主がなかなか片付けないときです。
ずっと犬の動きを見ているわけではないので、ウンチがしてあるのに気づかないときがあります。
そういうときは、たいてい私の目の前におすわりをして、「バゥ・・・」と言うのです。
なんだか会話をしているみたいで、面白いですよね。

人間の言葉もいくつか理解しています。
大好きなワードは「ごはん」「めし」「散歩」。
嫌いなワードは「獣医さん」です(笑)

家のピースケ

以前、自分の家はピースケという雑種の犬を飼っていました。
ピースケとの出会いは自分が犬が大好きでどうしても犬が欲しいと言ってたら、知り合いのおじさんの家の犬が子供を産んだと聞いたのでその中から一番元気がよく母親に似た可愛いメス犬をもらいました。
もらったばっかりの時は、耳が折れていてとても可愛かったです。
ピースケは人なつっこくて元気で良く吠える犬でした。
毎日のように散歩にでかけていて、嫌な時や悩みがあった時は、犬が喋れないのにもかかわらず喋りかけたりしてそれだけで気分がよくなりました。
散歩コースはいろいろあったんですが、その時の犬の行きたいという気分によって変えていましたが、ある時は大きい犬と会って暴れまくって大変でした。メスで体は小さいのに大きい犬に立ち向かっていくのです。
かなり前の事なんですが、家の庭でピースケが鼻の頭をまっ黒にして穴を掘って吠えているので見てみたら、なんとモグラを捕まえていたのです。母と弟も驚いていました。
後、ピースケがいるだけで家族が癒されピースケも物をくわえてこちらの様子をうかがっていました。
ですが、2年前ピースケは体調を崩し亡くなりました。
亡くなった時は涙が止まらず、その後、ピースケを火葬場に連れて行きました。
僕はピースケを一生忘れません。これからも僕を守ってください。