カテゴリー別アーカイブ: 未分類

愛犬の死

今日、我が家の愛犬ロンドが息を引き取ったと父から連絡があった。
ミニチュアシュナイザーの雄で、年齢は13歳。
私が高校を卒業して家を出る数ヶ月前に我が家にやってきたロンド。
だから私は一緒に暮らしたのはその数ヶ月間だけ。
それでも、母が私の匂いを忘れないようにと、私の古くなった洋服をブランケット代わりに小屋に入れて置いてくれたおかげなのか、たまに帰省した時に、家族以外の人に対しては警戒して吠えるロンドが、私に対しては吠えなかった。
年に数回しか帰省しなかったが、私はその度にロンドと遊ぶのを楽しみにしていた。
遊び相手の私が帰ってくるとロンドがワガママになり、私が実家から自宅へ戻ったあとも四六時中遊んでくれとせがむようになるので、私が戻った後はいつも大変だと母が言っていた。
年月が経ち、私に子供が産まれてからも、ロンドは子供達に襲いかかったりすることもなく受け入れてくれていた。
そんなロンドが、数ヶ月前、悪性リンパ腫にかかってしまい、手術もしたけれど全快には至らず、状態はどんどん悪くなっていたそうだ。
そして、昨日の夜中3時まで父が様子を見続けていて、ウトウトとして4時に気づいた時には息を引き取っていたということだった。
父は、ロンドの最期の瞬間を見られなかったと後悔しているのかもしれないが、私は、ロンドは父が眠ったのを見届けて安心して永い眠りについたんだと思う。
私は一緒に暮らした期間が短かったからか、思ったより悲しみは深くない。
きっと次の帰省の時に寂しさを感じるのだろう。
ただ、私のいない家で、父と母に明るさを与えてくれたことへの感謝が大きい。
ロンド、今まで本当にありがとう。

家のワンコの好きな物

家のワンコは遊ぶのが大好き。

出来れば2DKの狭い家より、広いドッグランみたいな所で遊ばせたいとこなんだけど、家のワンコはびびり犬。

散歩してる時に他のワンコに会っても、そそくさと走り出すの。

チワワとダックスフントのミックス犬なんだけど、チワワが相手でも怖がるのよね。

そんなワンコなので、家で目一杯遊んであげるんだけど、一番大好きなオモチャが空のペットボトル。

投げて拾ってを飽きるまで繰り返し、キャップを取って終了。

最初はワンコ専用のオモチャをいっぱい買ってたんだけど、全部壊しちゃうの。

ぬいぐるみ系は、咬み千切って中の綿を出しちゃうし、ピーピー鳴るゴム系のオモチャは鳴る所を咬み千切っちゃう。

唯一まだ大丈夫なのは、鳴らないボールだけ。

でも、ペットボトルが気に入ってるから良いけどね。

後は、サランラップやアルミホイルの芯も投げて拾ってを繰り返した後に破って遊ぶ。

でも、トイレットペーパーの芯は柔らかいから直ぐ駄目になるのが分かってるのか手を出さないのよね。

とにかく走り回るのが好きだから、1日に散歩は三回してる。

でも、雨に濡れるのは嫌いみたいだから雨が降ると散歩に行けない分ストレスが溜まるみたい。

合羽があれば大丈夫かしら。

愛犬のごはん

最近、我が家で飼ってるトイプードルのドッグフードを変えてみました。
というのも最近、いろんな人から太ったんじゃないとか大きくなったねと言われることが増えてしまい確かに抱っこすると重くて重くて・・・
散歩はいつも決まった量だけしていることもあるのでやっぱりドッグフードを変えるしか方法はないと思い、ヘルシータイプのものにしてみました。

今までの方がたぶん美味しかったようで最近はごはんの時間になっても自分からちょうだいと催促しなくなってきてしまいました。
先日はあまりに催促にこなかったのと私もバタバタしていたので夕食の時間がいつもより3時間も遅くなってしまいました。
美味しく食べてもらいたいし、お楽しみの時間を取り上げたみたいでなんだかかわいそうで元に戻そうかとも悩んだのですが、健康のことも考えてやはりヘルシータイプのドッグフードで今ある分はもう少し頑張ってもらおうかなと思ってます。
ドッグフードを変えて1週間ほど過ぎてから少し体がしまってきた気がするので愛犬がこのまま食べ続けてくれるといいなと思います。
これからのお楽しみはお散歩やシャンプーの後に少しだけさつまいものクッキーをあげようと思います。
愛犬の為にも美味しくてヘルシータイプのドッグフードをこれから探してみようと思います。

実家の腹黒わんこと順位争い!

実家では私が子供の頃から、ずっとシェパードを飼っています。
犬はよく飼い主に順位をつけると言いますが、3人兄弟の末っ子だった私は、いつも賢いシェパードに格下扱いされていました。
現在のシェパードも同じで、私が実家に帰省すると、相当おだってお迎えしてくれます。
父や姉にはビシッとしたシェパード顔をするのに、私には悪い顔をしながら、友達もしくは子分に接するかのような態度を取るのです。
おしりを私にむけて道を阻んだり、髪の毛のおだんごをガシガシ齧ったりと散々です。
父や姉には絶対にしない行動を私には平気でしてきます。
これが小型犬なら良いですが、相手は私と同じ体重の巨体です。
じゃれて遊んでいるつもりなのでしょうが、こっちは必至に戦っています。
全く笑えません!
気が付いた姉が「コラッ!何やってんだ!」と怒鳴ると、一瞬で良い子に変身します。
上目遣いでかわいくゴメンナサイ顔をしています。
なんちゅー、腹黒いわんこでしょう。
私は服もボロボロになり、可愛さ余って、なんとやら~です。
そんなずる賢い子ですが、おやつが欲しい時は、私にも可愛い顔をしてきます。
こっちが命令してもいないのに、勝手にお手をかましながら、良い子アピールしてきます。
騙されているとわかっているのに、やっぱり可愛くて、ついついおやつを与えてしまう私は、今後も実家のシェパードには絶対に勝てないでしょう。

我が家に愛犬/チャッピー

犬を飼うきっかけからお話します。
子どもの頃に柴犬を飼った事が有りました。
結婚して、長女が7歳、2女が2歳、動物を育てる経験をして欲しいと思いペットショップを時々歩き探していました。
なかなか、この犬というのに巡り会えずの日々を過ごしていました。
ある日、知人が「仔犬が生まれたから、見に来てみては」との連絡を頂き、勤務が終えてから、観に行きました。
犬種はウイルッシュ、コーギーといってイギリスでは、牧羊犬や刈りに活躍していて、見た目は「短足、胴長でしかも、尻尾が無い」といった見た目です。
当時外国の犬には、あまり興味がなく、この犬種は正直知りませんでした。
なぜ、尻尾が無いのか、いいえ、生まれた時は当然あるのです。生後、目が開かない前に、「根本から、切除する」らしく、尻尾が無い状態で狩猟をさせていたらしいです。狩猟で尻尾が有ると邪魔と思われたらしく、切除される習わしと聞いて驚きました。
5匹生まれて4匹は里親はすでに決まって、残りが決まらず私に連絡が来たのです。女の子でした。
生後40日程で我が家に来ました。新しい家族として、日々の始まりです。
しつけにはそんなに苦労はしませんでした。おりこうさんで排せつを教え込むのには、それ程時間は掛かりませんでした、
知り合いから、ぜひ子どもが産まれたら欲しいと言われていました。
3年後位に知人を通じて交配をして、無事妊娠。残念ながら、4匹生まれて、3匹死産で可哀そうな事をしました。
そこで困った事、それは尻尾の事です。動物病院に連れていき切除の立会です。娘と妻は見られたのですが、男である私は、切除の瞬間その場に居られず治療室を出て来ました。女性は平気で見られたので、ある意味感激です。
切除後仔犬はしばし、失神をしてしまい、その後泣いている姿はかわいしうで正直悲惨だと痛感しました。
その後40日、里子に出す日が来ました。ぬいぐるみの様で可愛く、仔犬と子供達との悲しい別れで、もらい泣きをしてしまいました。

先住犬と新人子猫

我が家には今年7歳になる体重6キロの大型チワワのキラ君がいます。
キラは生後8ヶ月のときに里親募集掲示板で見つけて里子として
我が家へやってきました。
最初の頃はチワワらしく家の物音でさえビクビクしていました。
散歩もしたことがなかったようで少しずつ外へ出して外の世界へ
慣れてもらいました。最初は車にびっくりしていたのに
今では近所の他のワンコと散歩中出くわすと少し威嚇し、
他のワンコが無視して過ぎ去るとすごい吠えまくるようになりました;
ある意味チワワらしくなりました笑
そんなこんなで病気1つせず6年の月日が流れた頃に
新参者が我が家へ里子としてやってきました。
そいつは元野良猫の白猫でしろくんです。
仲良くできるかなーと淡い期待を私たち家族は持ったのですが
キラの方が唸る始末;
今しろがきて半年ほど経ちますが母のお陰で
唸ることはなくなりました。
しろも怖がっていたのですが今では優しい猫パンチをキラに
して弟のように構って欲しそうにちょっかいを出しています。
その光景を家族で見て笑っています。
それでも人間が居ない間は2匹だけにするのはまだ怖いので
人間がいるときだけ一緒にいます。
この犬と猫がもっと仲良くなって一緒にくっついてお昼ねしたり
遊んだりしてくれるようになってくれればいいなと思います。
二匹とも元気で優しいいい子です。

フローリングにシリコンコートしました!

犬にとって、フローリングのツルツル感は、つらいものがあると思います。
しっかり踏み込めない床は、腰を痛める原因にもなると言いますよね。
我が家の愛犬は、ミニチュアダックスなので、腰への負担がとても心配です。

カーペットを敷き詰めることも考えましたが、こまめに洗濯できるものでないと、匂いの原因になってしまいますし、
こまめに洗濯ができたとしても、ものすごい手間になると思います。

そこで、フローリングにシリコンコートを塗りました。
犬が滑りにくくなり、アクセントラグもズレにくくなり、とても快適にすごせるようになりました。
ただお値段は相当なものです。我が家のリビングダイニングキッチンを全部塗ったら20万ほどになりました。
しかしこまめな塗り替えが必要ないので、長い目で見ればそんなに高額ということもないのかもしれません。

しかし、今度床を貼り替える機会があったら、何か犬が過ごしやすい素材がいいかなと思っています。
フローリングは板と板の隙間にオシッコなどが染み込んでしまうと、そこの部分が変色してしまうんです。
これも匂いの原因になりますし、変色して黒ずんでいるのは見た目も悪いですよね。

なんだか人間よりもいい扱いを受けている我が家のお犬様達です。

車嫌いを克服!

ワンコを病院に連れていく時に、苦労した経験はありませんか?
嫌がる、無理やり連れていこうとすると暴れる等々・・・
うちのワンコも例外ではありません。

我が家は車無しでは生活できない、まあまあ不便な場所にありまして。
当然、動物病院だって車で連れていかなければなりません。

最初は素直に車に乗ってくれていました。
車が走り出すと、落ち着かない様子で吠えたりしましたが、まだ乗ってくれるだけマシです。
しかし、それが何度か続けば犬だって学習します。
「これに乗ると、注射をされる」と。

こうなったらもう車に乗ろうとしません。
しかもコイツがミックスの大型犬。
無理矢理乗せるにも、女の私には一苦労なんてものじゃありません。

さてどうしたものかと考えました。
そこで思いあたることがひとつ。
思い返せば、この車でこの子を病院以外に連れていったことがないな~と。
だからこの四角い箱を見るだけで拒絶反応を起こすのかな~と。

そもそものどかな土地ですから、車で遠出をしなくても広い場所で遊ばせることができるので
ドッグランやなカフェやらに連れていくということがありませんでした。
そこで試しに、嫌がるこの子を無理矢理車に乗せて、広い公園に連れていってみました。
すると、いつもの散歩コースと違うせいか、まさかの大興奮。
いつもと違うお友達もたくさんいますし、刺激的な時間を過ごせたようで。
翌日、車のドアを開けてやると、なんと自ら飛び乗ってきました。
作戦大成功!
それからは定期的に公園に連れていってやっています。
何かの参考になれば幸いです。

家のワンコ

家のワンコはとても甘えん坊で優しいの。

独身時代からの私の可愛い相棒なんだけど、結婚して娘が2人生まれても私にしか懐かず。

ただ、まだまだ小さい娘達をお兄ちゃんの様に見守ってくれてるのよね。

いつも私にくっついてるのに、娘達がお昼寝してる時は娘達と一緒にいてくれるし、起きたら教えてくれるのよ。誰が教えたわけじゃないのにね。

ただ、最初に「ちょっと娘達を見ててくれる」って言っただけなの。

性格は臆病だから、お散歩してても他のワンコに吠えたりちょっかいかけたりもしない。

夫は犬なのに臆病すぎだって言うけど、やたら外で好戦的なワンコの方が嫌でしょ。

でもね、家の中に私がいる時に誰かが来ると吠えて教えてくれたりするのよ。

私がいないと一切吠えないから、教えてくれてるか私を守ってくれてるかのどちらかだと思うわ。

病院に行っても大人しくしてくれる良い子なんだけど、獣医さんに言わせると本当なら犬って飼い主がお母さんなんだけど、家のワンコは私を恋人に見てますねって。

珍しい事って言われたわ。

最初は獣医さんに言われたの「犬に舐められてるんですよ」って。でもご飯も散歩も私の手からしか食べないし、もちろん呼んでも私にしか反応しないのよ。

よそ様のお宅の柴犬を猛烈に愛でる私の日常

犬、特に柴犬を愛する私。
柴犬の、あの渋くて可愛い(シブカワイイ)立ち姿がたまらなく愛おしいです。
尻尾がくるんと丸まって、ご主人の傍にきりっと立っていて、どの柴犬もとっても魅力的。
しかし悲劇的なことに、我が家は犬が飼えないので、日々動画サイトなどで
「柴犬 かわいい」とか「柴犬 おもしろ」とかで検索した動画を見ては涎を垂らしながら
うっとりしている日々なのです。
そして最近、動画よりももっと素敵な柴犬エキス注入方法を編み出しました。
それは「他人さまの飼っている柴犬を毎日見に行く」というもの。
動画では得られない、リアルな動きや習慣が垣間見れるし、うまくいけば懐いてくれるかも!
という魂胆で、自転車に乗って近所を徘徊するように。
(すみません、決して怪しいものではないんですよ!)
しかし昨今、犬は室内飼いが主流。中々お庭で寝そべるワンには出会えません。
そして苦労の末、なんとお庭で2匹(贅沢!)の柴犬を飼われているお宅を発見!
いや~、ほぼ毎日、ジョギングしがてらわざわざ遠回りしてその家の前を通るようになりました。もちろん、適度な距離を保ってます。お家の中を覗き込むような真似などいたしません!
そしてその2匹に勝手に名前を付けていたりします。
1匹は「まえば」。正面から見ると前歯がぐいっと出ているので。
もう1匹は「にっこり」。真顔の時でも普通に口角が上がっていてファニーな顔つきなので。
そして通いつめるうち、2匹にはずいぶん違った性質があることがわかりました。
まえばは警戒心が強くてお昼寝好き。にっこりは好奇心旺盛で、私が通るとまったくのノン警戒で尻尾を振ってきます。
ああ、この子たちの本当の名前はなにかしら。
でも、私の顔、確実に覚えてるよなあ…、ああもふもふしたいなあ、と愛は募るばかり。
そんな私は明日も健気に自転車に乗って彼らの下へ通うのです。